大浦 康介/編 -- 水声社 -- 2017.6 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 3FC開 / 901.0/ 5060/ 2017 7109131617 和図参調 配架図
可否可   2017/07/23 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-8010-0240-1
ISBN13桁 978-4-8010-0240-1
タイトル 日本の文学理論
タイトルカナ ニホン ノ ブンガク リロン
タイトル関連情報 アンソロジー
タイトル関連情報読み アンソロジー
著者名 大浦 康介 /編
著者名典拠番号

110002678290000

出版地 東京
出版者 水声社
出版者カナ スイセイシャ
出版年 2017.6
ページ数 466p
大きさ 22cm
価格 ¥6000
内容紹介 近代日本において文学理論はどのように展開したか? 明治期以降の日本を代表する作家、思想家等、41名の文学理論に関するテクストを、小説論、フィクション論等、8つの側面から精選し、気鋭の研究者たちによる解説を付す。
書誌・年譜・年表 文献年表 開信介編:p425~466
一般件名 日本文学-00568363-ndlsh
一般件名カナ ニホンブンガク-00568363
一般件名 文学
一般件名カナ ブンガク
一般件名典拠番号

511547100000000

分類:NDC9版 901

内容一覧

内容 内容ヨミ 著者名 著者名ヨミ ページ
概説 ガイセツ 大浦 康介/著 オオウラ ヤススケ 21-28
小説の主脳は人情なり / 『小説神髄』より ショウセツ ノ シュノウ ワ ニンジョウ ナリ 坪内 逍遙/著 ツボウチ ショウヨウ 29-33
直ぐ人生の隣りにゐる / 「散文芸術の位置」より スグ ジンセイ ノ トナリ ニ イル 廣津 和郎/著 ヒロツ カズオ 34-38
私小説しか信用が置けない / 「「私」小説と「心境」小説」より ワタクシショウセツ シカ シンヨウ ガ オケナイ 久米 正雄/著 クメ マサオ 39-42
内なる声と仮装 / 『小説の方法』より ウチナル コエ ト カソウ 伊藤 整/著 イトウ セイ 43-47
炭取が廻る / 「小説とは何か」より スミトリ ガ マワル 三島 由紀夫/著 ミシマ ユキオ 48-52
情念の深層に働きかける / 「言葉の呪術」より ジョウネン ノ シンソウ ニ ハタラキカケル 古井 由吉/著 フルイ ヨシキチ 53-56
概説 ガイセツ 久保 昭博/著 クボ アキヒロ 59-66
実際の有のままを写す / 「叙事文」より ジッサイ ノ アリノママ オ ウツス 正岡 子規/著 マサオカ シキ 67-70
写生趣味と空想趣味 / 「俳話(二)」より シャセイ シュミ ト クウソウ シュミ 高濱 虚子/著 タカハマ キョシ 71-73
描写はペインテングである / 「描写論」より ビョウシャ ワ ペインテング デ アル 田山 花袋/著 タヤマ カタイ 74-77
描写の気分 / 『人物描写法』より ビョウシャ ノ キブン 徳田 秋聲/著 トクダ シュウセイ 78-81
一元的描写 / 「現代将来の小説的発想を一新すべき僕の描写論」より イチゲンテキ ビョウシャ 岩野 泡鳴/著 イワノ ホウメイ 82-85
客観的共感性への不信 / 「描写のうしろに寝てゐられない」より キャッカンテキ キョウカンセイ エノ フシン 高見 順/著 タカミ ジュン 86-89
概説 ガイセツ 河田 学/著 カワダ マナブ 93-100
貴種流離の物語 / 『日本文学の発生 序説』より キシュ リュウリ ノ モノガタリ 折口 信夫/著 オリグチ シノブ 101-105
天上から下界を見下ろすやうな態度 / 「岩野泡鳴氏の描写論」より テンジョウ カラ ゲカイ オ ミオロス ヨウナ タイド 生田 長江/著 イクタ チョウコウ 106-109
無人称の語り手 / 『感性の変革』より ムニンショウ ノ カタリテ 亀井 秀雄/著 カメイ ヒデオ 110-114
はなし・かたり・うた / 『かたり』より ハナシ カタリ ウタ 坂部 恵/著 サカベ メグミ 115-118
ツリー・モデルからデータベース・モデルへ / 『動物化するポストモダン』より ツリー モデル カラ データベース モデル エ 東 浩紀/著 アズマ ヒロキ 119-123
概説 ガイセツ 岩松 正洋/著 イワマツ マサヒロ 127-134
詩と非詩との識域 / 『詩の原理』より シ ト ヒシ トノ シキイキ 萩原 朔太郎/著 ハギワラ サクタロウ 135-138
指示表出と自己表出としての文学作品 / 『言語にとって美とはなにか』より シジ ヒョウシュツ ト ジコ ヒョウシュツ ト シテ ノ ブンガク サクヒン 吉本 隆明/著 ヨシモト タカアキ 139-142
作品を「作品」であると保証する客観的な特徴はありうるか / 『詩の構造についての覚え書』より サクヒン オ サクヒン デ アル ト ホショウ スル キャッカンテキ ナ トクチョウ ワ アリウルカ 入沢 康夫/著 イリサワ ヤスオ 143-148
七五調は四拍子 / 『日本語のリズム』より シチゴチョウ ワ ヨンビョウシ 別宮 貞徳/著 ベック サダノリ 149-153
換喩と提喩との違い / 『レトリック感覚』より カンユ ト テイユ トノ チガイ 佐藤 信夫/著 サトウ ノブオ 154-158
詩的レトリックは言語の規範性に対する違犯の関係である / 『詩的レトリック入門』より シテキ レトリック ワ ゲンゴ ノ キハンセイ ニ タイスル イハン ノ カンケイ デ アル 北川 透/著 キタガワ トオル 159-163
概説 ガイセツ 飯島 洋/著 イイジマ ヒロシ 167-175
歴史の「自然」から脱する / 「歴史其儘と歴史離れ」より レキシ ノ シゼン カラ ダッスル 森 鷗外/著 モリ オウガイ 176-180
エゴの確立と小説 / 「逃亡奴隷と仮面紳士」より エゴ ノ カクリツ ト ショウセツ 伊藤 整/著 イトウ セイ 181-184
媒介された現実としてのフィクション / 「肉体文学から肉体政治まで」より バイカイ サレタ ゲンジツ ト シテ ノ フィクション 丸山 眞男/著 マルヤマ マサオ 185-188
現実に「主人公」という人物は存在しない / 「虚構と現実」より ゲンジツ ニ シュジンコウ ト イウ ジンブツ ワ ソンザイ シナイ 筒井 康隆/著 ツツイ ヤスタカ 189-193
小説言語を弁別する虚構記号 / 『小説の日本語』より ショウセツ ゲンゴ オ ベンベツ スル キョコウ キゴウ 野口 武彦/著 ノグチ タケヒコ 194-198
フィクション性の根源はコンテクストの違いにある / 「虚構について」より フィクションセイ ノ コンゲン ワ コンテクスト ノ チガイ ニ アル 外山 滋比古/著 トヤマ シゲヒコ 199-203
概説 ガイセツ 岩松 正洋/著 イワマツ マサヒロ 207-214
作品は作者の意識の如何に頓着なく、客観的な価値の対象となる / 「文学の読者の問題」より サクヒン ワ サクシャ ノ イシキ ノ イカン ニ トンチャク ナク キャッカンテキ ナ カチ ノ タイショウ ト ナル 片上 伸/著 カタガミ ノブル 215-218
群は作者であり作者はただその慧敏なる代表者に過ぎなかつた / 『口承文芸大意』より グン ワ サクシャ デ アリ サクシャ ワ タダ ソノ ケイビン ナル ダイヒョウシャ ニ スギナカツタ 柳田 國男/著 ヤナギタ クニオ 219-224
文学消費者を本位とする文学観 / 「文学における読者の問題」より ブンガク ショウヒシャ オ ホンイ ト スル ブンガクカン 大熊 信行/著 オオクマ ノブユキ 225-229
読者の主体的補充 / 『修辞的残像』より ドクシャ ノ シュタイテキ ホジュウ 外山 滋比古/著 トヤマ シゲヒコ 230-233
大衆小説においては「観念共感」の比重はより大きい / 『『宮本武蔵』と日本人』より タイシュウ ショウセツ ニ オイテワ カンネン キョウカン ノ ヒジュウ ワ ヨリ オオキイ 桑原 武夫/著 クワバラ タケオ 234-238
<趣向>の優劣のみが作品の判断基準となる可能性 / 『物語消費論』より シュコウ ノ ユウレツ ノミ ガ サクヒン ノ ハンダン キジュン ト ナル カノウセイ 大塚 英志/著 オオツカ エイジ 239-243
概説 ガイセツ 菊地 暁/著 キクチ アキラ 247-255
形象と展開 / 『文学序説』より ケイショウ ト テンカイ 土居 光知/著 ドイ コウチ 256-259
何事も発生学風に研究して行くことであります / 『日本芸能史六講』より ナニゴト モ ハッセイガクフウ ニ ケンキュウ シテ イク コト デ アリマス 折口 信夫/著 オリグチ シノブ 260-263
文学の歴史を貫くものを、ことばによる想像の<開拓性>あるいは<創造性>とみたい / 『火山列島の思想』より ブンガク ノ レキシ オ ツラヌク モノ オ コトバ ニ ヨル ソウゾウ ノ カイタクセイ アルイワ ソウゾウセイ ト ミタイ 益田 勝実/著 マスダ カツミ 264-267
物語は放逐されるべきモノの語りである / 『語り物序説』より モノガタリ ワ ホウチク サレルベキ モノ ノ カタリ デ アル 兵藤 裕己/著 ヒョウドウ ヒロミ 268-271
フルコトとモノガタリ / 『物語の起源』より フルコト ト モノガタリ 藤井 貞和/著 フジイ サダカズ 272-275
概説 ガイセツ 大浦 康介/著 オオウラ ヤススケ 279-287
文学的内容の形式は(F+f)なり / 『文学論』より ブンガクテキ ナイヨウ ノ ケイシキ ワ エフ プラス エフ ナリ 夏目 漱石/著 ナツメ ソウセキ 288-291
言語による存在の表現それ自身 / 「講義文学概論」より ゲンゴ ニ ヨル ソンザイ ノ ヒョウゲン ソレ ジシン 九鬼 周造/著 クキ シュウゾウ 292-295
形象と情調の複合体 / 『文芸学概論』より ケイショウ ト ジョウチョウ ノ フクゴウタイ 岡崎 義惠/著 オカザキ ヨシエ 296-300
特殊な存在の裏に普遍的な本質をみる / 『文学とは何か』より トクシュ ナ ソンザイ ノ ウラ ニ フヘンテキ ナ ホンシツ オ ミル 加藤 周一/著 カトウ シュウイチ 301-303
文学はイデオロギーを形成する / 「文学とはなにか」より ブンガク ワ イデオロギー オ ケイセイ スル 桑原 武夫/著 クワバラ タケオ 304-307
「文学入門」という商品 ブンガク ニュウモン ト イウ ショウヒン 岩松 正洋/ほか著 イワマツ マサヒロ 311-328
日本近代文学と「ジャンル」論 / 俳句と探偵小説を例として ニホン キンダイ ブンガク ト ジャンルロン 岩松 正洋/著 イワマツ マサヒロ 329-335
ふたつの「第二芸術」論と詩歌 フタツ ノ ダイニ ゲイジュツロン ト シイカ 岩松 正洋/著 イワマツ マサヒロ 336-349
中国文学理論の日本への影響 チュウゴク ブンガク リロン ノ ニホン エノ エイキョウ 永田 知之/著 ナガタ トモユキ 350-365
欧米における私小説研究 オウベイ ニ オケル シショウセツ ケンキュウ ホルカ・イリナ/著 ホルカ イリナ 366-380
美学から見た日本文学 ビガク カラ ミタ ニホン ブンガク 近藤 秀樹/著 コンドウ ヒデキ 381-396
日本の演劇理論 / 近代演劇概念の成立をめぐって ニホン ノ エンゲキ リロン 中筋 朋/著 ナカスジ トモ 397-411
日本の映画理論 ニホン ノ エイガ リロン 小川 佐和子/著 オガワ サワコ 412-424