小坂田 裕子/著 -- 信山社 -- 2017.6 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 1F法律開 / 329.2/ 5143/ 2017 7109158764 和図参調 配架図
可否可   2017/08/01 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-7972-6828-7
ISBN13桁 978-4-7972-6828-7
タイトル 先住民族と国際法
タイトルカナ センジュウ ミンゾク ト コクサイホウ
タイトル関連情報 剝奪の歴史から権利の承認へ
タイトル関連情報読み ハクダツ ノ レキシ カラ ケンリ ノ ショウニン エ
著者名 小坂田 裕子 /著
著者名典拠番号

110005976390000

出版地 東京
出版者 信山社
出版者カナ シンザンシャ
出版年 2017.6
ページ数 14,267p
大きさ 22cm
価格 ¥6400
内容紹介 国際法学における先住民族の権利承認の到達点を明らかにし、その意義と課題を検討する。「「先住民族の権利に関する国連宣言」の意義と課題」「人権条約に基づく先住民族の権利の位相」などの3部構成。
一般件名 少数民族-法的地位-001271654-ndlsh,人権 (国際法)-00574776-ndlsh
一般件名カナ ショウスウ ミンゾク-ホウテキ チイ-001271654,ジンケン (コクサイホウ)-00574776
一般件名 国際法 , 人権 , 先住民族
一般件名カナ コクサイホウ,ジンケン,センジュウ ミンゾク
一般件名典拠番号

510810000000000 , 511269500000000 , 511996400000000

分類:NDC9版 329.21

目次

◆序章
第1節 本書の目的
第2節 本書が対象とする権利及び問題
第3節 先行研究
第4節 本書の構成
◆第1部 「先住民族の権利に関する国連宣言」の意義と課題
◆第1章 国際法の原罪とその克服
はじめに
第1節 国際法創設過程における先住民族の法的位置づけの変遷
第2節 先住民族権利運動とその到達点
第3節 国際人権法による過去の克服
おわりに
◆第2章 アフリカによる国連宣言への抵抗
はじめに
第1節 アフリカのエスニック集団の先住民族権利運動への参加
第2節 国連宣言におけるアジア及びアフリカの「先住民族」の受容をめぐる攻防
第3節 アフリカ・グループによる反対の背景
おわりに
◆第3章 国連宣言の実施に向けた国際的努力
はじめに
第1節 国連宣言実施の現状
第2節 国連宣言の実施に向けた国連諸機関の実行
おわりに
◆第2部 人権条約に基づく先住民族の権利の位相
◆第4章 米州における土地に対する権利
はじめに
第1節 先住民族の権利をめぐるラテンアメリカ諸国の法と現実との乖離
第2節 「先住民族の権利に関する米州宣言」の起草作業
第3節 米州人権裁判所における先住民族の土地に対する権利
おわりに
◆第5章 バンジュール憲章における「人民の権利」の適用
はじめに
第1節 バンジュール憲章における「人民」概念の展開
第2節 ACHPRによる先住民族への「人民の権利」の適用
おわりに
◆第6章 国際人権条約に基づく土地に対する集団的権利
はじめに
第1節 自由権規約に基づく先住民族の集団的保護又は集団的権利
第2節 社会権規約に基づく先住民族の集団的権利
第3節 人種差別撤廃条約に基づく先住民族の集団的権利
第4節 考察
おわりに
◆第3部 国際人権法上の先住民族の権利の国際法の他分野への影響
◆第7章 事前の自由なインフォームド・コンセントを得る義務
はじめに
第1節 国際人権法におけるFPICを得る義務
第2節 環境・開発分野におけるFPICを得る義務をめぐる対立
おわりに
◆終章
第1節 考察結果
第2節 国際法学において先住民族の視点や権利運動がもつ意義