松井 剛/著 -- 有斐閣 -- 2019.3 --

所蔵

所蔵は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 資料の利用
閲/貸/協 返却予定日 配架日 所蔵状態 利用状況 予約数 付録注記 備考
中央 3FB開 / 726.1/ 6143/ 2019 7111520935 和図参調 配架図
可否可   2019/04/05 0
「所蔵状態」、「利用状況」が空欄の資料について、閲覧や閲覧予約ができます。
「資料の利用」欄にボタンが表示されている場合は、以下の操作が可能です。
  [予約]ボタン(ログイン時のみ表示)…館内閲覧の予約ができます。
     【注意】予約お申込の際は、事前にこちらのネット予約案内をご確認ください。
     【注意】配架日から30日以内の資料は 予約ボタンが出ませんのでお電話
      (中央図書館03-3442-8451、多摩図書館042-359-4020)でお問合せください。
      詳細は、 こちらのネット予約の対象となる資料について をご確認ください。
  [請求票]ボタン…資料の請求票を印刷できます。(館内OPACからの自動出納申込ができない資料です)
  [配架図]ボタン…開架資料の配架図を表示できます。

資料詳細

ISBN 4-641-16524-3
ISBN13桁 978-4-641-16524-3
タイトル アメリカに日本のマンガを輸出する
タイトルカナ アメリカ ニ ニホン ノ マンガ オ ユシュツ スル
タイトル関連情報 ポップカルチャーのグローバル・マーケティング
タイトル関連情報読み ポップ カルチャー ノ グローバル マーケティング
著者名 松井 剛 /著
著者名典拠番号

110006102460000

並列タイトル Gatekeeping Foreign Cultural Products:Creation of the Japanese Comics Market in the US
出版地 東京
出版者 有斐閣
出版者カナ ユウヒカク
出版年 2019.3
ページ数 9,275p
大きさ 22cm
価格 ¥2600
内容紹介 ポップカルチャーを海外に輸出する際に生じる文化的障壁をどのように克服すべきなのか。アメリカにおいて日本産マンガがどのように提供されて受容されてきたのかを、主に現地出版社の行動に着目して分析する。
書誌・年譜・年表 関連年表:p236~238 文献:p239~258
一般件名 出版-アメリカ合衆国-ndlsh-00596287,漫画-日本-01164142-ndlsh,グローバルマーケティング-01108943-ndlsh
一般件名カナ シュッパン-アメリカガッシュウコク-00596287,マンガ-ニホン-01164142,グローバル マーケティング-01108943
一般件名 漫画 , 国際マーケティング
一般件名カナ マンガ,コクサイ マーケティング
一般件名典拠番号

511405700000000 , 511903100000000

分類:NDC9版 726.101

目次

第1章 背景
1 問題の所在
2 「クール・ジャパン」という狂騒
3 本書の鍵概念:異文化ゲートキーパーとスティグマ
4 現地出版社のマーケティング努力:発見事実のまとめ
5 本書の構成
第2章 理論
1 ゲートキーパー:文化生産論における中核概念
2 スティグマ:ポップカルチャーに対するステレオタイプ
3 文化製品のグローバル・マーケティングに関する既存研究
4 まとめ:社会学概念のグローバル・マーケティング現象への適用
第3章 調査
1 異なるデータの組み合わせ
2 アメリカ人の目から見た日本産マンガの4つの特徴と年齢レーティング
3 マンガ市場発展の概略:4つの時期
第4章 前史
1 フレッド・パッテンによるカトゥーン/ファンタジー・オーガニゼーションの設立
2 平和運動としての『はだしのゲン』翻訳プロジェクトの挫折
3 マンガを受け入れる素地の形成
4 フランク・ミラーの『子連れ狼』との出会い
5 フレデリック・L.ショット『マンガ!マンガ!:日本のコミックスの世界』出版
6 まとめ:異文化ゲートキーパーの未成立
第5章 黎明
1 ビズコミュニケーションズの創業
2 アメコミスタイルのマンガ出版:マンガの現地適応化
3 アメコミらしい作品の出版と『らんま1/2』のヒット
4 青年マンガ誌『パルプ』
5 ポケモン・ブームと『ショウネン・ジャンプ』の創刊
6 まとめ:「共同制作」と「探索・選択」をする異文化ゲートキーパー
第6章 成長
1 トウキョウポップ:マンガの標準化と低価格化
2 ビズメディアの設立
3 ビズとトウキョウポップの競争を通じた市場成長
4 さらなる新規参入
5 まとめ:「テイストメイキング」をする異文化ゲートキーパー
第7章 停滞
1 脆弱な顧客基盤
2 ボーダーズの破綻とトウキョウポップの撤退
3 スキャンレーション:違法アップロード
4 有力出版社によるアメリカ進出:講談社とKADOKAWA
5 電子出版への取り組み:ジェイマンガとクランチロール
6 まとめ:「探索・選択」をせずに「テイストメイキング」をするビジネスモデルの可能性
第8章 障壁
1 スティグマがもたらす文化規範とステレオタイプ
2 文化規範に関するスティグマ管理(1):年齢レーティング
3 文化規範に関するスティグマ管理(2):内容修正
4 ジェンダー・ステレオタイプに関するスティグマ管理
5 まとめ:3つのスティグマ管理
第9章 比較
1 調査の概要およびフランス市場の概要
2 アニメが切り開いたフランス市場:伝説的番組『クラブ・ドロテ』
3 フランス人による市場創造
4 後発出版社の参入:日本語ネイティブの編集者による目利き
5 日本人の登場:ビズメディア・ヨーロッパによるカゼの買収
6 まとめ:性暴力表現への寛容さと多様なマンガの受容
第10章 議論
1 発見事実のまとめ
2 理論的意義:異文化ゲートキーパーの存在意義
3 実務的意義から見た本書の結論:異文化ゲートキーパーに求められる能力
4 おわりに:本書の貢献と今後の課題